求人情報徹底批判lungkorea.com

「タクシードライバー」についての体験談|求人情報徹底批判lungkorea.com

「タクシードライバー」についての体験談

アップロード日:2014年11月04日です。

タクシードライバーについて吉永真琴が体験したこと

死にそうになったこと

女性ドライバーとして周囲に危険だと言われたことは何度かありましたが、仕事をするのに危険はつきものだと思い仕事をして3年目の深夜1時過ぎに事件は起こってしまいました。泥酔のお客様が道に倒れられていたのです。少し薄暗かったので轢き殺してしまう所でした。あの時は本当に死にそうなくらいおどきました

タクシードライバーをしていてやめようかなと思ったこと

私が勤めているタクシー会社はグループごとにノルマがあり私は2ヶ月連続ノルマを達成できていませんでした。さぼっている分けではないのですが、本当にお客様が私を避けているかのように感じました。次の月もノルマを達成することができなければ本当にグループの人達に申し訳ないと思い達成できなかった時点で会社を辞めようと思っていました。結果は辞めずに済みました。

タクシードライバーについて吉村涼太が体験したこと

死にそうになったこと

ありえないですね。本当にありえない事を体験しました。前から小型ですがトラックが突っ込んできたのです。っま、生きているのでこういう事をかけるのですが、昼に、タクシーを運転していて前から小型トラックが突っ込んできたんですから、本当に死んだと思いましたよ。

思わず泣いてしまったこと

運命的なことをしたのは今まで運転手を約30年間して来て初めてで一回だけです。お客様を乗せて走っている時にお客様が急に「止めて下さい!」と叫ばれたのです。止まった瞬間にお客様は降りて一人の女性に飛びついたのです。何事かと思っていたらお客様が、私に全てを説明してくれました。認知症を患っている母が徘徊をしている所を見つけたと話してくれました。私は家族愛というのが本当にあるのだと分かり知らずに感動して泣いていました。

関連情報

lOᔻIungkoreaa

求人情報に書かれている情報をより詳しく説明し、あなたに届けるサイト

Copyright © 2017 求人情報徹底批判lungkorea.com All rights reserved.