求人情報徹底批判lungkorea.com

「ラーメンキッチンスタッフ」についての体験談|求人情報徹底批判lungkorea.com

「ラーメンキッチンスタッフ」についての体験談

アップロード日:2015年08月04日です。

ラーメンキッチンスタッフについて二宮要平が体験したこと

死にそうになったこと

死にそうになった!と、までは行きませんが、大火傷をしそうになりました。私は、厨房兼ホールでアルバイトをしていたのですが、偶然その日は厨房の専属の人が休みを取っていて私がいつもより早く店にいったんです。大将から寸胴を洗っておけといわれたので洗おうとしたのですが、その寸胴に激熱のスープがまだ残っていて、それを動かそうとしたのですが熱くて触れないので困惑している時に大将が「何でなんもしないでぼーっとしてんだ!!!」と言って私を突き飛ばしたのです。その反動で寸胴に当たり、その寸胴が私のほうに転がってきて、危うくその中の激熱のスープを体に被りそうになりました。あの時は、本当に大火傷をして入院するかと思いましたよ。

 

ラーメンキッチンスタッフについて水谷好美が体験したこと

思わず泣いてしまったこと

普通の男は、女に優しいものだと思っていました。私が、調子に乗ってお客様に喧嘩腰に話しかけたわけではないのですから、普通の対応をしたのですが、そのお客様だけは、私の一挙手一投足に腹を立てていたようで、注文を伺いに行ったときには100%理不尽に怒られました。全く意味が分からずに私は怖くて泣いてしまいました。全く私は悪くないのですが勢いが怖すぎて自然と泣いた私に対して、従業員より先にお客様が助けてくれました。この行動には私は本当に感動しました。助けて頂いたお礼にラーメンをご馳走したかったのですが、私が働いているラーメン屋は先に食券を購入してからのキャッシュオンの店なのでご馳走することが出来なかったので店長に話をするとサービスで唐揚げセットを作ってくれました。

関連情報

lOᔻIungkoreaa

求人情報に書かれている情報をより詳しく説明し、あなたに届けるサイト

Copyright © 2017 求人情報徹底批判lungkorea.com All rights reserved.