求人情報徹底批判lungkorea.com

気泡剣の求人に応募し学んだこと|求人情報徹底批判lungkorea.com

気泡剣の求人に応募し学んだこと

アップロード日:2014年02月21日です。

新人に説教をする

朝昼晩、シュウマイをいつでも何処でも日に何回でも食べることが出来た。それくらい好きであった。家の近くに良くシュウマイ屋があった。店長とも仲良くなっていてバイトの新人の話や求人の話などをする中にもなっていた。ある時、店から連絡があった。【最近の求人で入ってきた新人の子がバイトに無断で休んだって言ったよな?2回目の今回は酔ってバイトに出勤したよ】と話してくれた。私は少し怒り気味で新人のバイトの子に説教をしに行った。私はただの常連客なのだが、店長とは兄弟のように仲が良くて、新人のバイトの行動に我慢が出来ずに説教してしまいました。その後、新人バイトの子は電話でもなくLINEで店を辞める事を告げたと聞きました。

 

辞めた子の代わりにスタッフとして入る

前回のことで、新人のスタッフの子が辞めてしまったのは、私が原因の部分もあるので、求人を出している期間だけ、「新人の代わりをする」と宣言した。そして今日からお手伝いをしているのだが、求人を発行するのは次の日曜なので一週間は、ここで働かないといけないことになった。働いて見て分かったことがある。お客様としてきている時は分からなかったが、周囲のお客様は勿論のこと店内のスタッフにも気を使っていないと連携プレイがとれないのでスタッフを体験した日は、本当に疲れました。一週間の期間が過ぎて10日も過ぎたので連絡が来ていると思っていたので店長聞いて見ると「今回の求人で面接に来たのは何人かいたが採用はできなかったのよ。今、次の求人を考えているけど」と、話してくれました。私は、店長に話しました。もし、新しいスタッフが決まらなくて男でも良いなら私がスタッフになりましょうか?と言ったら店長は「常連のお客様が減るのは寂しいからお客さんで来てよ」と言ってくれました。

関連情報

lOᔻIungkoreaa

求人情報に書かれている情報をより詳しく説明し、あなたに届けるサイト

Copyright © 2017 求人情報徹底批判lungkorea.com All rights reserved.