求人情報徹底批判lungkorea.com

営業スタッフについての体験談|求人情報徹底批判lungkorea.com

営業スタッフについての体験談

アップロード日:2015年05月15日です。

 思わず泣いてしまったこと

私は大学を卒業して営業職に就きました。右も左もわかない中社会人としての生活をスタートしましたが、営業の仕事は毎日が地獄のような日々でした。売っている商品がほとんど詐欺まがいのもので、強引な案内で客からの受注をもぎ取る毎日で、客からのクレームも非常に多く何度もやめようと思いました。一日一個売るまで帰ってくるなと言われ、深夜まで回ったこともあります。結局受注を出す事が出来なくてその日は家に帰れませんでした。家に帰れる日も資料作りなどで睡眠時間は4時間を切りました。そんな毎日が当たり前で体力も限界が来ました。腸炎になってしまったんですがそれでも会社は休ませてくれず、体調はどんどん悪化し入院してしまいました。見舞いに来た上司の一言がいまだに耳に残っています。「君がちゃんと体調管理をしないからこうなったと言われてしまったんです。こんなに頑張って会社の為に貢献し、自分の貯金を切り崩して生活をして働いてきたのにこの言い方はあんまりだといいいうことで、転職を考えるようになりました。これ以上好き勝手に働かされるのは我慢できなかったんです。悔しくて思わず泣いてしまいましたが、もっといい職場環境に動きたいと心から思いますね。また、思いっきり殴られた事もあり,

思わず泣いてしまいました。

 

関連情報

lOᔻIungkoreaa

求人情報に書かれている情報をより詳しく説明し、あなたに届けるサイト

Copyright © 2017 求人情報徹底批判lungkorea.com All rights reserved.