求人情報徹底批判lungkorea.com

「警備」についての体験談|求人情報徹底批判lungkorea.com

「警備」についての体験談

アップロード日:2015年04月24日です。

警備について天川龍吾が体験したこと

死にそうになったこと

そんなに頻繁に発生する事ではないけれど経験しましたよ。先週の話ですが、深夜の道路警備の仕事で近くに工場もないので深夜は比較的早い速度でトラックが走ります。その日はたまたま風が強くてトラックの運転手もそれほど経験がなかったのかも知れません。私が警備をしている場所を過ぎた場所に信号がありまして赤なのに突っ込んじゃいまして危ないからハンドルを切ったんですがそのまま横転して積み荷の木材が崩れ落ちてきてそれに突き飛ばされそうになりました。もし当たっていたら私は確実に死んでいたと思います。

 

思わず泣いてしまったこと

警備の仕事は、道路現場だけではありません。ライブ会場の警備をする時もあります。私が大好きな歌手のライブの警備の時は、正直少しだけホロッと泣けてしまいました。本当に大好きな歌手だったので、仕事しながら感動していました。

 

警備をしていてやめようかなと思ったこと

暴動の時の警備の仕事は絶対にオススメしません。というか出来ません。暴動に参加している人達が本当に自分を殺しに来るかのように向かってきます。相当の覚悟が必要なので最初の1回だけ暴動の警備の仕事をしましたがそれ以来は一切していません。

 

警備について虻川南路が体験したこと

死にそうになったこと

この体験は、今まで警備の仕事をしてきた経験のある人に聞いても誰もしたことがない経験でした。工事現場で道路の規制をしている時でした。偶然にも人が誰も通っていなくてよかったです。クレーン車が倒れてきたのです。私が持ち場を離れていたら確実に当たって死んでいました。

関連情報

lOᔻIungkoreaa

求人情報に書かれている情報をより詳しく説明し、あなたに届けるサイト

Copyright © 2017 求人情報徹底批判lungkorea.com All rights reserved.