求人情報徹底批判lungkorea.com

「パタンナー」についての体験談|求人情報徹底批判lungkorea.com

「パタンナー」についての体験談

アップロード日:2015年03月02日です。

パタンナーについて「笹村典子」が体験したこと

死にそうになったこと

それほどたいしたことではないと思うのですが、パンタナーの仕事というのは服を修理修繕する事なのです。服を修理修繕するだけの仕事で死にそうになることなんてないと思う人がほぼ100%でしょうが、洋服を見繕っている時に椅子に引っかかってこけた時があるんです。その時に針が首に刺さりかけた事があります。

 

思わず泣いてしまったこと

私は、歳をとってきてから以前にも増して涙もろくなりました。私の仕事は服の修理修繕が仕事です。中にはとても古い物なので通常通りに作業しては服がボロボロになる可能性の物があります。そういう物も私達の仕事です。それの仕事をキッチリ終わらすとお客様は心からの泪と感動のありがとうのことばを下さいます。この時が、この仕事をしていて一番のやりがいを感じる時だと私は思っています。

 

パタンナーをしていてやめようかなと思ったこと

やめようかと思う時がある人は絶対にいると思います。パンタナーを辞めるということは服の修理修繕をしないということです。理由は、人それぞれあると思いますが修繕が自分の納得いくように出来なかった時に辞めようと思われた人がほとんどだと思います。私もそのうちの1人です。

 

パタンナーについて「斉藤早八花」が体験したこと

死にそうになったこと

この仕事をして私はまだ死にそうになったことはありません。

 

思わず泣いてしまったこと

正直に話すのも恥ずかしいのですが話します。これは少し前の話なのですが、初めて1人で作業を最初から最後まで終わらすことが出来ました。これには、周囲に人がいましたが、やっぱり1人感動して泣きました。

関連情報

lOᔻIungkoreaa

求人情報に書かれている情報をより詳しく説明し、あなたに届けるサイト

Copyright © 2017 求人情報徹底批判lungkorea.com All rights reserved.