求人情報徹底批判lungkorea.com

プロが語る「お好み焼の接客販売員」とは|求人情報徹底批判lungkorea.com

プロが語る「お好み焼の接客販売員」とは

アップロード日:2015年02月06日です。

今回のプロ「竹内裕」についての紹介

小さい頃から週に3.4日はお好み焼きを食べていた。今でいうお好みマスターと言われる位のレベルの人です。お好みに関しては、関西の粉物のブランドを知り尽くしているうえに自分で完全なオリジナルの着手に成功し、来月には完成するといわれている偉人です。

 

どういった仕事をしるのか

今では、大型チェーン店でしかしなくなりましたが昔は一般的であったお好み焼の具材「キャベツ・豚ロース・エビ・イカなど数多くあります。スタンダードな物であれば、ご自分の好みでなんでもOK」をボールに入れて作って置いたお好み焼の粉を入れます。それを全てするのが仕事です。この仕事の完成は、お客様のテーブルかお客様の目の前の鉄板に置くかして終わりです。

 

仕事でどういった成果を上げたのか

お好み焼は、焼く人によって完成までの必要時間が変わります。それは、中に入っている具材によって時間が変わるのです。お好み焼を作るのだけがプロなのではありません。話をするのもプロなのです。これは、出身地が大阪ということも起因しているのかも知れません。

 

プロが語るこの仕事に大切なもの

この仕事に大切な物は、2つです。「時間」と「思い」この2つが絶対的に必要になります。時間とは、お好み焼を焼いている時間だけの事ではありません。食材を準備している時間の事をさしています。思いとは、「誰に食べてもらおう」と考えるのではなく、あの人に食べてもらう為に!と思って作ることです。

関連情報

lOᔻIungkoreaa

求人情報に書かれている情報をより詳しく説明し、あなたに届けるサイト

Copyright © 2017 求人情報徹底批判lungkorea.com All rights reserved.