求人情報徹底批判lungkorea.com

「ラーメンマン」についての体験談|求人情報徹底批判lungkorea.com

「ラーメンマン」についての体験談

アップロード日:2014年12月17日です。

ラーメンマンについて「小田修平」が体験したこと

死にそうになったこと

ラーメン修行も2年目になったときに麺の製作を任せられるようになりました。その時です。大きいスープの寸胴の土台が崩れたんです。誰が何をしたのではなくて、本当に偶然の大地震でした。その為に店でお客様に提供するスープが無いので営業が出来なくなりました。もしあの寸胴が私の方に崩れてきていたら死んでいましたね。本当にそう思います。 

 

思わず泣いてしまったこと

修行を始める時に店長が店を始めた時のことを話してくれました。私には想像も出来ない位にスケールの大きい人だと思いました。私は、そんなスケールの大きい人の元で修業が出来るのかと思っただけで目頭が熱くなりラーメンを食べながら思わず泣いていました。

 

ラーメンマンをしていてやめようかなと思ったこと

何度も作ってもお客様からクレームのような言葉だけを頂いていたので本当に自分に自信が持てなくなりました。これ以上ラーメン屋で働いていても辛くなるだけだと思い辞めようかと思った事も何度もありました。

 

ラーメンマンについて「丸山翔太」が体験したこと

思わず泣いてしまったこと

ラーメン修行を初めて今まで何十回も失敗しました。ようやく出来たラーメンも何回も駄目だしされて終わりました。2年目でようやく店長に認められるようになりました。その時は本当に嬉しくて、自分が作ったラーメンをお客様に食べてもらえて感想を聞けると分かった時は本当に号泣しました。最高の気分でした。

関連情報

lOᔻIungkoreaa

求人情報に書かれている情報をより詳しく説明し、あなたに届けるサイト

Copyright © 2018 求人情報徹底批判lungkorea.com All rights reserved.